空間システム
space-o建築設計
  plan建築作品
 works会社概要
about us 建  築 
  blog 連絡先 
 contact

ボリュームチェック 概算建築費 総合設計 総合設計要件 よくある質問 法改正履歴

■ボリュームチェックとは文字通り「実際の容積率算定」です。

その土地に実際どの位のボリュームの建物が建つのか言葉では
簡単ですが今や複雑化した最新の法規に対応したソフト、
高度な専門知識と共に
現実にも類似建物の設計及び監理経験が無ければ決して
ボリュームチェックを算出することはできません。

■当社実績
1)都内ディベロッパー各社へ提供:計400件(2001〜2007年)
2)お客様への有料提供:計600件(2008〜2013年)

■地主様、不動産会社、企画調査会社様へのボリューム設計いたします

分譲賃貸物件の短期・長期事業収支、コーポラティブ事業における
事業収支、建築費概算プログラム等により総合的に収益性を
判断しながらのプランニングが可能です。

長年培ってきた多くの経験と、高度な技術力、柔軟な発想力により
建築デザインはもとより他社がなし得ないことも数多く実現してきました。
また集合住宅に対する多くの三次元オリジナルアイデアを有します。


■対象:RC造、SRC造、S造、分譲マンション、賃貸マンション、
コーポラティブハウス、事務所、店舗、各種学校、幼稚園、
サービス付高齢者向け住宅等のボリューム設計

1)日影規制、逆日影図チェック、道路斜線、天空率チェックにより、
もっと容積率を取りたい。事業収支を上げたいといった場合。

2)傾斜地、狭小敷地、変形地等複雑な条件がからみ、良い案が
出てこないという場合。

3)諸々の事情により実施設計と監理まで依頼出来ない。
  企画設計のみを依頼したいという場合。

4)事業収支サンプル、オプションです。(クリックで拡大します)
事業収支:高齢賃01

事業収支:高齢賃02

北海道から沖縄まで日本全国の実績があります。

お急ぎの場合でしたら1〜3日でPDFにて納品可能です
(特急料金加算)
ご希望があれば参考概算建築費、施工期間も計算し提出いたします。


■必要資料(PDF,FAX精細モード、郵送等で)

1)敷地の場所が分かるもの。住居表示、住宅地図等。
2)敷地の形状、面積が分かるもの。測量図、公図等。
  公図に当該地範囲を示すマークがあれば謄本は不要です。
3)隣接する道路幅員が分かるもの。境界確定図、道路台帳等。
4)計画道路、2項道路が入る場合は当該地が削られる範囲を。
5)鉄道、高圧線、河川法、電波法、航空法等該当は調査願います。
6)その他風致地区、特別な地域地区の要綱等あれば。

*3)、4)、5)が無い場合は別途役所調査が必要となります。
*TEL,WEBで確認可能な用途地域地区等は当社にて調査。

■お申し込みの流れ(青字はお客様)
1)
メールページのフォームから、〒番号、住所、TEL、会社名、お名前
  メールアドレス、をご記入の上送信して下さい。
  最下段の当社adress宛に署名付送信でも結構です。
>お客様登録をさせて頂きます。

2)
次に概要資料送付(PDFかFAXの精細モードで)
>折り返し上限予算及び納期を提示します。併せて質問等も。
>
条件をご確認後、残り資料を送付して下さい
>不明点等あればその都度確認。作業終了後にPDF納品します
>
お客様による内容チェック確認後請求書発送
>
指定口座へご入金下さい(初回のみ納品後1週間以内を希望)

■ご留意事項

1)一度提出後の変更追加分は有料となりますのでご留意下さい。
2)貴社名は入りません。当社設計事務所名は別途オプションです。
3)天空率と日影図はチェック専用で通常提出しません。
  逆日影図は提出可能。
4)より高度な企画をご希望の場合は別途詳細設計いたします。
5)提供された土地情報の秘密は責任を持って厳守いたします。
6)裁判資料としての提出は基本的にお断りしています。(弊社名が明記された場合)

■料金について

敷地面積形態、接道条件、用途地域数等の難易度により大きく
異なります。
敷地400u未満は¥40,000-(税込み)からお受けしています。
詳しい料金表は下記のメールもしくはTELにてお問い合わせ下さい。
件名選択>「企画設計料金表希望」>必要事項記入>送信
自動返信にて料金表URLをお送りします。

料金表を見る
 sample図

■ボリュームチェックの
サンプル図表です。↓


>集合住宅一式

>事務所ビル一式

>A3横型面積表

>A4縦型面積表

>概算建築費表



>天空率チェック
>日影チェック図
>総合設計図





企画依頼書EXCEL

企画依頼書 PDF



右クリック「対象をファイル
に保存」でご使用下さい。
改善要望等ありましたら
ご連絡下さい。