記事一覧

何故外廊下に面している部屋があるの

現代の日本マンションの最大の謎。

外廊下に直接面して部屋の窓があるのはどうしてだろう。
多くのデベロッパーは羊羹割と称してマンションの戸割を行う。
文字通り、羊羹を切るときの要領で、ザクザク細長く切っていく。
分厚く切れば、贅沢な(間口の広い)住戸になり細く切れば安上がりな(間口が狭い)住戸が出来上がる。

それを設計事務所に強要し、設計事務所もはいそうですか、と安易に企画し提出し続けてきた。
私自身もそうだった。
そうして首都圏ではかつての公団住宅UR等を除いて羊羹の陳列マンションが次から次へと出来上がった。
今じゃ、外廊下に窓がついてても誰も何も言わない。開けると外を通る人から奥まで丸見えになるような窓がついている。

これじゃ笑い話にもならない。
そこまで日本人の共同住宅への期待は落ち込んだのだろうか。

かつて60~70年代に多感な時期を過ごした子供たちは丹下健三を夢見て建築界に飛び込んできた。
文字通りの難関を突破して、だ。
そして考えた。共同住宅の設計とは何かを。
要点は唯一つ。プライバシーを守り、快適な変化に富んだ空間のシステムを作る事だ。
コルビュジェを始めとして多くの海外の共同住宅が参照され、メゾネットは当たり前。半階ずらしたメゾネット等多くのアイデアが若い彼らの頭の中で考案され続けた。

そして数十年が経った。期待を込めて未来を見つめる眼で現在を見るならば、陳腐化された最悪のパターンが累々と積み上がっているのに気付くだろう。

何故かくも無残なことになったか、答えは購入者と提供者の心の中にある。
より高い文化レベルを目指さなかったから。
箱はあってもそこには考え抜かれた知恵とアイデアが無かった。
売れればよい、売れれば正義なのだ。

そこで数十年も経ってから、今更ながら出現する事の無かった、外廊下に窓が面していないシステムとは何かを考えていく。

6×12mの住戸があれば安心して開けられる窓のついた壁は全周長の1/6に満たない事に気付く。南側のバルコニーに面した1面だ。これは戸建ての1/2に比べると約1/3。これで、戸建てを超えるコンセプトもなにもないものだ。

下記に解決案を示す。通常メゾネットは100㎡程度なければ良いプランにはならない。これは戸建てを見れば分かる。ただコンクリートで作る住宅で割高となる事を考慮すれば80㎡程度で抑えなければならない。

提案1)中廊下メゾネット型共同住宅
ファイル 59-1.gif

長所:周長に対する有効開放率約1/4。全ての窓のプライバシーは保たれている。

欠点:階段が中廊下を渡る為、リビング階の平面がおたまじゃくし型に変形しプランし辛く、奥に空気が澱む雰囲気が否めない。
上下の住戸面積がほぼ半分ずつ。これはバリアフリーという観点からも、また広い空間を体感したいという考えとも矛盾する。

提案2)片廊下メゾネット型共同住宅
ファイル 59-2.gif

周長に対する有効開放率約1/5超。提案1の欠点を最小にしている。
空気の通りも問題なし。形もより平易でプランしやすいし広がりも体感できる。
ただし1部屋だけ外廊下に面する。折衷的でありやや中途半端か。

そしてこれは外廊下をさらに張り出したり、間に吹抜を作ってプライバシーを無理やり保とうとして部屋が真っ暗になってしまった事例とは無縁である。下記参照。
ファイル 59-3.gif

提案3)片廊下メゾネット上下振り分け型

ファイル 59-4.gif
ほぼ理想的かつシンプルなのでプランしやすい。有効開放率約1/4超、ただし住戸面積が大きめになるのと効率が悪い事が難点。廊下は2,5,8階の3階ごとになる。

提案4)中廊下メゾネット2戸+平住戸タイプ1戸の組合わせ型

閉鎖的な中廊下に2ブロック毎に吹抜を設け、それに面してメゾネットの玄関があるタイプ。
ただ今図面製作中。

以上、遅れてきた提案。建築家としてはタイムスリップしているみたいだ。
それでもついぞ見ることの無かったあるべき建築タイプへの鎮魂歌でもある。
上記の各図面画像は全て■上野資顕・空間システム(有)の著作物です。無断転載使用を禁じます。

PDF印刷時に縮尺が合わない場合

更新しました。
最近図面や成果図書をPDFで送ることが大変多い。
ただ図面だと縮尺がぴったり合っていないと意味が無い。
たまに印刷時に縮尺が合わない、お客様に言われる。

そこで自前で解説ページ作成しました。
http://www.space-o.com/topic-PDFprint.html

いい感じです。自画自賛。

事業収支

分譲事業の収支計画表を更新した。
総合企画面積表と連動している。

ファイル 57-1.gif

コーポラティブ方式の収支計画表にも瞬時に変身する。
最初のボタンで選択するだけ。

これで総合企画面積表は法規自動チェックに始まり、設備自動チェック、解体費計算、概算建築費自動計算、分譲事業収支自動計算と全てに対応する
優れものだ。と自画自賛するもここ数年出番が無い。

少しずつ動きがある。
不動産会社は2年前は完成済み物件を安く購入し別の事業主となって販売した。
1年前はそれも尽き、着工途中で止まった物件をこれまた安く購入し販売。
今ではそれも終わり、確認申請を取得し止まっている物件を買うか、全く新規に土地購入から始めるか、の選択を迫られている。

新聞に書いてあるような華々しく売り上げ増加!といった表現は自前で資金調達できる財閥系を始めとする大手不動産業者だけ。
上場していても中堅不動産業者は資金繰りが苦しいのだ。

勿論苦しいのは不動産業だけではない、2007年10月の不動産バブル崩壊で多大な負債を負った建設業も、設計事務所も同じだ。
どちらも、おいそれとは受け入れられない。

始めたい、始まらない。でももうすぐ・・・。

概算建築費自動計算ソフト

新しく概算建築費自動計算表を作成した。
今まで分譲マンションにしか対応していなかったのを
6種類の建物に対応できるようにした。

旧来は10年以上前に作成したパターンがあった。
これは厳密にモデルの建物を作り、その建築費をこれまた厳密に計算し、重量比、表面積比、等々から詳細に計算していた。

ファイル 56-1.gif

これはすごく役に立った。でも時代の変化に素早く対応できない。
経験の少ない建物は分からない。
条件入力に手間がかかりすぎる。全然依頼が無い。
かくして費やした膨大な時間は徒労に終わった・・。

で作ってみたのが新しいバージョン。
その時々のデータから自動的に構成比率で算出し、
細目を詰めていく方式。
殆どが標準建物(平均)との比率から求められる。
こちらはわずか数項目入力するだけ。1分もかからない。
暫定版として世に出していたが、一部の業界では評判は良い。
これも多くの経験を積んだからじゃ。と一人ほくそえむ。

ファイル 56-2.gif
以下日々改良を続ける日々。

年賀状デザイン

今年は簡単に済ませた。
SKETCH UPで形を彫りだした。
考えてみればいつも年賀状は三次元のデザインそのもの。
影と色をつけて現実っぽく見せていただけ。ならば3Dが一番。
と言う訳で、今年からソフト上で削り出すことにした。

まさに削り出すという表現がぴったしのスケッチアップ。


極北のシベリアンタイガーのイメージ。厳寒期に生き抜くという意味。
スケッチアップでは曲面に直角に立体が貫通できず、半ばでヘコタレタ・・・。
実寸直径28mの巨大円筒から切り出した。
ファイル 55-4.jpg


今年の鉛筆ラフスケッチはこれ。
ファイル 55-1.jpg


こちらは1998年版、結構気に入っている。
虎の保護模様を脱ぎ捨てる、という意味がある。この2年後に保護区だった千葉県を出て、東京へ出た。
ファイル 55-2.jpg


こちらは1986年版、プリントゴッコで印刷した。
当時はただの白黒画像で表現に乏しかった。
床も虎文字型に彫りこんであるのだが、
誰も虎という文字の内部空間である事を理解してくれなかった・・。
ファイル 55-3.jpg

4年目の追悼 佐藤美紀雄先生

調子にのって我孫子マンションの資料を探してみた。
古いフォルダに眠っていた新聞記事を掲載した。
http://www.space-o.com/kiji01.html

全部、佐藤美紀雄先生の書いた記事だった。亡くなられてもう4年になる。

3つ並べてみた。悲しみがこみ上げてきた。
この我孫子がきっかけで時々お会いするようになった。

東京に事務所を移したときに、時々水道橋の事務所をたずねて
設計事務所と相性のよさそうなディベロッパーの名前を教えて貰った。
考えてみれば、彼は評論家であり、殆どのディベロッパーが快くは思っていなかったはず。
深く考えもせずに佐藤先生の知識と豊富な人脈を勝手に想像していた。
あの有名な10点法による評論記事を書くたびに、彼は胃の穴を深くしていたのだ。
彼は小さくても志の高い事業者の味方だった。という事は比較にならないほど大多数の大手業者は逆の立場をとっていたはず。

今年は何故か胃痙攣を二度起こした。一度は救急病院に休日自力でたどり着いた。
あの痛みはきっと私に佐藤先生の痛みの少しでも感じろという事かもしれない。
先生頼ってばかりでしたね。
連れて行っていただいた、行きつけのカラオケ屋さんで直立不動で歌う先生の背後には
雪の故郷秋田へ向かう機関車が見えていましたよ。